全国各地の外壁塗装・外壁リフォーム業者の無料一括見積もりや相場比較など

【全国版】外壁塗装業者見積もり君

外壁塗装での断熱とは?遮熱と断熱の違い

外壁や屋根を塗装することで断熱効果を得ようとしている人が多く、そこに目を付けて様々な断熱効果を謳った塗料もあります。

しかし、塗料による断熱効果を実感できるのはごく一部。

外壁塗装の断熱に関する知識は、しっかり持っておきたいところです。

●断熱と遮熱の違い

まず確認しておかなければならない事としては、断熱と遮熱の違いです。

同じもののような気もしなくもないですが、実はちょっと違うんです。

遮熱は、日光を一般的な塗料より反射し、熱を吸収しづらくする。吸収してしまっても、それを放出しやすい材質になっているため、冷めるのも速いです。

結果、外壁の温度が下がり家の中に入り込む熱を減らすことも出来る。

少し間違えがちなことは、家の中の熱を閉じ込めるものではなく、主に夏場の日光による家の中の温度上昇に対して効果があるということ。

閉じ込める ではなく、入り込む方を制限するということです。

一方、断熱は、熱が伝わりにくくなる塗料(熱伝導率が低いもの)を使い、外の熱が中に伝わりにくくして、さらに中の熱が外に逃げづらいようにすることで、夏場は家の中の温度上昇を防いで、冬場は家の中の暖かさが外に出て行きづらくすることができます。

ただ、寒さ・暑さの理由を見極めずに使うと、効果を上手く発揮しません。

どんなに良い塗料でも適切な使い方で適切に塗らないと、費用ばかり膨らんで効果が無いということも…。

しっかりと専門家に相談しましょう。

あとは、外壁や屋根に断熱塗料を塗って、それだけで断熱効果を得ることは難しいです。これが、いくら優れた塗料を使用しても。

例えば、大袈裟ですが、数十年前に建てられた断熱材が全く入っていない家の場合は、外の熱がダイレクトに家の中に伝わるので、断熱塗料を塗る事で、それなりの断熱効果を期待できます。

ただ、エアコンの設定温度が劇的に変わるなどの効果は無いので、そういった表現は誇張表現であることが多いです。

●本当に断熱したい場合は塗料に頼らない断熱工事を

かなり大がかりになることと、費用がかかるので、もし予算内であるならば視野に入れることも大事かと思います。

外壁の内側に断熱材を入れる工事で、ロックウールやグラスウールと呼ばれる断熱材を入れます。

基本は新築時に十分な断熱材が入っているハズなのですが、工事不良や設計者のミス、不手際などから部分的に断熱材が入っていないという場合もあります。その場合は追加で工事が必要…。

断熱材は、読んで字のごとく断熱のために作られたもので、外壁などに守られるため長期間効果を発揮します。

当然、断熱塗料より効果が高いです。

他には、屋根裏換気や窓ガラスを二重にしたり、カーテンを断熱素材の物に変えるなど、塗料を塗る以外にもたくさん対応方法があります。

●外壁塗装の費用を比較して安くする方法

全国500社以上の外壁塗装業者から一括見積もり
あなたの街の外壁塗装の適正相場が分かる!
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

投稿日:

Copyright© 【全国版】外壁塗装業者見積もり君 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.